バナーの話題

暇だからバナーでも作るか…

ところでバナーってなんでしょう?

サーチエンジンとかに登録すると表示される
サイトの看板的な画像…と理解していましたが、
これまた個人サイトが斜陽の昨今ではバナーを
貼るのはおろか見かける事も減った気がします。

かつてのホームページにはリンクのページがあり
そこにはバナー画像がずらりと並び壮観でしたね。

しかし、先の検索避けの話の時にも触れたように、
今日では個人サイトを持つ事が減りCGでも情報でも
SNSを介してやり取りが出来るようになりました。

そのため、バナーを用意する事も、バナーを貼付ける
なんてな事も無用の長物になってしまったんですね。

200×40

そんな時分、創作系のサイトで使われるバナーのサイズは
基本的に200×40。つまり横200px、縦40px。
このサイズがセオリーかつスタンダード。なにはなくとも
とりあえずはこのサイズでした。

でも、なんでだ…?

確かに…
よく考えるとわかりません。でも気付いた時には
すでにバナーのサイズは200x40でした。

創作系のサーチエンジンでは基本的にバナーのサイズは
200x40で、登録出来るのはこのサイズ限定などという
サーチエンジンも少なくありません。

が、世界見回してみると200x40と言うのは
割とイレギュラーで、よく知られるサイズと言うと
小型の88x31と大型の468x60が知られています。

88x31のサイズについてはブラウザのNetscape Navigator
のバナーのサイズだったと言うのは有名な話。
が、別に考え抜いてこのサイズになった…
などと言う話ではなく、何となくこのサイズにしたら
ブラウザの広まりと共に一般化してしまったらしいです。

というかどのサイズもその大きさになったのに
深い理由はないみたいです。何となくそのサイズが
広まっちゃったから…程度の様子。

ちなみに200x40のバナーを最初に作ったのは
誰なのかしら?

88x31のバナーはプラグインなどの
ダウンロードリンクに使われるサイズに
向いていたようで、様々なダウンロードバナーが
このサイズで提供されていましたね。

GETなんちゃら〜ってバナーに覚えは無いですか?
例えば↓はショックウェーブプラグインのダウンロード用
リンクバナー。

ショックウェーブ
ショックウェーブは…なんというかFlashの前身とでも
言うべき物と言えばいいでしょうか…?

ブラウザ上でインタラクティブなコンテンツを
提供出来たのですが、今はもう使われていません。

このように、かつてはダウンロードリンクなら
何でもこんな感じのバナーが用意されていた物です。

しかし今はその風潮も無くなったようで、例えば
Flash playerやFirefoxのサイトを見に行ったのですが、
ダウンロード用のバナーは見当たりませんでした。
※私が見落としてるだけかもしれませんが。

世界的に個人サイト退潮の流れなのか、スマホや
タブレットがPCの利用率を上回った状況を
反映していると言う事なのでしょうか?

各バナーサイズ

ちなみに、それぞれこのような大きさとなっています。

88x31
88x31

200x40
200x40

468x60
468x60

これらはあくまで一例であり、他にも多くの
基準となるサイズは存在します。

加えてこれら大きさは、そのページを見ているデバイスにも
大きく左右されると言う点に注意が必要です。

インターネットが花開いた時分、PCの解像度は1024x768
と言うのが一つの大きさの基準にあったように思います。
当時はまだ横長のいわゆるワイド型のディスプレイは無く、
画面は4:3が主流でした。

となると画面の解像度も640x480や800x600などになり、
バカでかいディスプレイもあまり出回ってないので最大規模の
解像度が1024x768になったと…
この辺、専門的な話はよくわかりませんが、確かに昔は
1024x768といえば大きい…と言うか画面が広いと言う印象が
あったように思います。

余談ですが、私が最初期に使っていたPCは横800何十だかで
縦は600何十だかという、なんかよくわからない解像度だったと
記憶しています。何でこんな変な解像度があったんでしょ?

ディスプレイ今昔

そんな1024x768のディスプレイ上で200x40のバナーを
見た場合どんな感じなのか…
こんな感じみたいです。

1024x768

ディスプレイ内でブラウザのウインドウを最大にして
ネットを見ている場合ですが、このような感じ。

200x40
実際のバナーの大きさがこれです。今PCでご覧の場合
どのような感じでしょう? 昨今のディスプレイはワイドで
解像度も増しているのでかなり小さく見えるかもしれません。

しかし往時は800x600と言った解像度も一般的でした。
その画面でバナーを見ると…?

800x600

横幅800にpx対して200pxですから画面横幅の1/4を
バナーが占めている事になります。

しかし今日、ネットを視聴するデバイスはPCからモバイル…
つまりスマホ等へ完全に移行しました。

スマホの解像度は密度なども関係して来るため単純に
大きさを算出出来ないので、仮に6インチとした場合
このような見た目になるのではないでしょうか。

6int

いずれにせよ、バナーを貼りまくったページを
スマホで見ると、結構圧迫感があるかもしれませんね。

だからと言って88x31を貼れば良いじゃんとも
なりませんし、200x40に代わるスマホ画面でも
しっくり来るようなサイズを規格する必要性も
無いって感じで、バナーは廃れたのでしょうか?

本当の所はわかんないですけど。

話はまたバナー

話がぐんにょりそれましたが、弊サイトの
バナーの話に戻ります。

私も幾度となくバナーを作ってきました。


前にもどこかで触れましたが、これまで
OSの再インストールやHDDの入れ替えやら、
なんやかんやの折りに毎度毎度大事なデータを
必ず紛失する始末。
十分気をつけているはずなのに…

結果バナーの画像はほとんど手元に残っていない
と言う体たらく。それでもわずかに残っていたのが下記のような物。

フィラデルフィア
フィラデルフィアが付いていた頃の
六原短期大学のバナー。
無印
六原短期大学の初期バナー。
娘ちゃん
移転前まで置いていたプリメーカーの
娘ちゃんバナー。一時期娘ちゃんを
看板キャラにしようと思っていたような…
ですれ
ブログで運営していた「ですれ」
と言うサイトのバナー。
他にリルムとゴゴの物もあったはずなのですが
残っていたのはシヴァー・ゴッツォの物のみ。
destinationsixx
iswebで運営していた時のバナー
…みたいです。
crimson
本当にあったのか怪しいCrimson
と言うサイトのバナー。あるにはあった
…はず
ティナA
ティナB
いつ使っていたのかわからない
ティナのバナー。当時ティナを推していた
ような記憶があるような無いような…

寿さんバナー

何かこうして見ると、今までバナーを
きちんと作れた事が無い気がしてきました…

なんと言うか200x40の中に
サイト名+自サイトを紹介と言うか
宣伝と言うか…知らせるキーとなる
ビジュアルをきちっと載せるのが
どうもヘタクソなようです。

っていうか弊サイトを代表する
ビジュアルって何でしょう…?

と言う流れを受け、なんだかんだで
寿さんばっかり描いているので
今回作ったのが寿さんバナー。

しかも最近描いてるアナログで。
このような寿さんの画像を

寿さんのアナログ画

200x40のバナーサイズに
タイトル込みでギチギチ押し込んで行きます。

寿さんバナー

なんやかんやすると、こんな感じに…
うーん…これ以上小さくすると見にくくなるし
かと言ってこの外側も描いてはある…

なんかかゆい所に手が届かない!

なのでネットで「バナー+作り方」という
身もふたもないワードで検索をしてみました。

しかし…出て来るのはネット広告等の
バナーが主で、200x40の創作系の
サイトバナーについての情報が出て来ません。
※ちなみにバナーと言うのは広告などに
用いられる方が主流で、サイトの看板的に
使う方が実はイレギュラーみたいです。

と、言う事からもどうも今日ではバナーと言えば、
先述した88x31のダウンロードに使われていた
物でも、200x40のサイトバナーでもなく、
広告用のバナー画像がそれに該当するようですね。

こんな所からもネットの変遷を感じずには
いられません。

まとめ

以上をふまえて、思いました。
今後再び個人サイトや、それを宣伝するバナー
と言う文化が復権する事はあるのでしょうか?

まあ無いかもしれんね。

同盟

余談になりますが、バナーはバーナーじゃない!
と言っている同盟があった事を思い出しました。

まだあった。

→バナーはバーナーとは違うぜ同盟

あ…でもgeocitiesですね。このままだと19年3月には
このサイト消滅しちゃう…
でも私が勝手に保管したりするのも変なので、
とりあえず同盟のトップ画像を載せておきます。

geocities閉鎖が迫ったらどこかに移転するかもしれませんし。

バナーはバーナーとは違うぜ同盟top バナーはバーナーとは違うぜ同盟top

同盟のバナー

理科の実験用バーナーアウトドア用バーナー動く理科実験バーナー動くアウトドアバーナー


HOME © 2018 六原短期大学