KiSSの活路はWebにあり?

さて、問題。
この先KiSSに未来はあるのでしょうか?

ないです(即答)

あのさぁ…

と言ってもKiSSの制作者はおろか、KiSSで遊んでいる人さえ
今日日いないのではないかと不安になって来る事は時々あります。
一体なんでこんなの(KiSSデータの事)作ってるんだろうか、
とか思う事もあったり…

まあMacにおいてはOS10.7以降だとローダー自体が
無いというのっぴきならない事情もあるのですが。

しかし、私個人としてはせっかく作ったKiSSですので、できれば
多くの方に遊んでいただきたいですし、着せ替えデータを作る、
そして遊ぶ楽しさを共有したいという思いはあります。

と言ってもローダーが無いんじゃ…
となりますと、どうするか…
手っ取り早いのはやはりWeb上で手軽に試遊できるように
すれば良いってな方向になるのではないでしょうか。
そうかな…そうかも…

いくつかのプラン

 と言った感じで、Webブラウザ上でKiSSを実行するには
どうすれば良いのか? その方法は目下何通りか存在します。
昨今のKiSS周りを考えるに、これはちょっと驚きです。
 ただその方法一つ一つはかなり異なった物で、使用される
システム周りもデータも少し違っていたりします。

ここではそんな中から三通りのプランを紹介します。これらの
中には着せ替えのデータ自体を比較的簡単に作れたりする物も
あったりしますが、いわゆる旧来のKiSSデータとは
少し異なった物だったりもしますので、すこし注意する
必要がありますが。

FlaXe

 当サイトではFlash製ブロック崩しのスクリプトをお借りした
アイソトニクス様製のFlashを用いたシステムです。
PNG、Gif、SWF、jpeg画像が使用可能で、主に透過PNG形式を
cel画像として使用します。
fKiSSも一部実装されていてKiSSの知識を
反映しやすい作りと言えます。
KiSSと同様のcnfファイルをコンフィグファイルとして
使用可能なのですが、反面cnfの記述ができないと
いけないと言う事でもあります。

実際の使用に関しては、KiSSデータ…主にcnfファイルには
若干の手直しをする必要が生じると思います。セルも
.celから透過PNGなどに変更しましょう。

きせかえシステム"siori"

 みなりん堂 ライブラリー様が制作されたjavaスクリプトを用いた
着せ替えシステムです。FlaXeと同様に透過PNGを主に
cel画像に使用します。

 最大の特徴は着せ替えのための画像を用意さえすれば、
あとは付属の専用ツールで、セルの配置や固定などが
可能と言う点でしょう。面倒なcnfを記述する必要も無く
目下最も扱いやすいシステムと言っていいと思います。

ただ、従来のKiSSデータと関連性が薄く、KiSSとよく似た
別の着せ替えシステム…と考えた方がよさそうです。
と言っても、KiSSデータを作成できるならその制作過程のデータから
簡単にコンバート可能なのでKiSSデータ制作と平行してデータを
作る事が可能です。

FlaXeもそうですが、これらツールはセルにPNG画像が
使用できるのでフルカラーKiSSを作れます。
これはかなりの強みと言えるでしょう。

HTML5

 kissldの制作者でもあるemk様が作られたHTML5版です。
当サイトではKiSSライブラリページでお試し用に使わせて
頂いています。

このHTML5版の最大の特徴は制作したKiSSデータを
そのまま読み込んでWebブラウザ上で試遊できる点にあります。

 かつてはKiSSデータのlzhファイルを直接読み込める手段として
javaアプレットを用いた物が一般的でしたが、javaアプレットは
非推奨の流れとなった今、その代替となりうるおそらく
唯一の手段です。

ただ、設置に関しては未サポート状態なので、設置にはある
程度の知識か知的好奇心が必要になります。

実遊

実遊…などと言う言葉があるのかは定かではないですが、
紹介した三つの方法でどのような感じになるのか、
試遊可能なのか、そう言った点を見ていただこうと思います。

紹介するだけして、実際のデータはございませんと言う手は
ないですからねw

 試遊に関してですが、バージョンの古いブラウザや、
プラグインの有無、アドブロック等のスクリプトを抑制する
アドオンの関係等で試遊出来ない場合がありえることを
最初にお断りしておきます。
 またそれら個別のケースについてのサポートは
ご容赦願います。


■FlaXe版
flaxe

■きせかえシステム"siori"版
siori

■HTML5版
HTML5


HOME © 2018 六原短期大学